スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千晴 / 愛for愛

千晴
千晴
for


KREVA のサイドMC として知られる千晴のデビュー2枚目となるマキシ。

千晴のラップをちゃんと聞いたのは「くレーベル」のアルバム以来となるが、以前に比べてフロウも声質も KREVA に似てきており随分印象が変わったなと感じた。ラブソングとなるタイトル曲もそうだが、唄う様なフロウをみせる2曲目「シタクナイ」なんかは KREVA の曲かと錯覚してしまう程に酷似してしまっているので、もう少し独自の路線を魅せて欲しかったところ。

それでも、どちらも出来自体は良いので KREVA ファンの方には自信を持ってお勧めできるだろう。

XBS / All Day All Night

XBS
XBS
All Day All Night

★★★★★★★☆☆☆

XBS(Nitro Microphone Underground ) の6曲入りミニアルバム。

6曲中4曲が REMIX となる為、実質新曲はたったの2曲。それでも、そのどちらも R&B アーティストがフックを唄うスムースな出来で XBS との相性は非常に良い。個人的には XBS が友人の結婚式で披露したとも言われる甘めなタイトル曲よりも BOO が艶やかに唄う「Distance」の方が好みか。

REMIX に関しては DEV LARGE による「In The House (D.L.Remix)」こそ期待外れではあったが、原曲にDABO、DELI、GORE-TEX、BIGZAM を加えた豪華な「One (Remix)」辺りは無難に楽しめるだろう。

ただNitro の最新作を聴いてもそうだったが、XBS は極端にフロウの幅が狭くワンパターン過ぎるので、マイクリレーでこそ映えるもののソロでは面白みに乏しく感じてしまう。

もう少し引き出しを増やさないと飽きられるのではないだろうか。

小林大吾 / 詩人の刻印

小林大吾

小林大吾
詩人の刻印

★★★★★★★★★★

静かに溢れ出る言葉の数々に圧倒された。

ラップではなく「ポエトリーリーディング」というフィールドではあるものの、ちゃんと音に乗って韻を踏んでいるので HIPHOP好きならば抵抗感もないであろう。

そこらへんの B 級映画以上にユーモラスな「三角バミューダの大脱走」、人生の教訓が詰まった「話咲く種をまく男」。ひとつずつ取り上げれば、とても語りきれないほどに情景豊かな楽曲達が収められるこのアルバムは、ここ何年かで聴いたどのジャンルの音楽よりも素晴らしい。

普段 HIPHOP を聴かない人から「お勧めの作品は?」と聴かれいつも返答に困っていたが、これからはこの作品を教える事だろう。

未聴の方は是非、ソウルフルなトラックの上で休む間もなく紡ぎだされる沢山の優しい言葉達に出会ってみて欲しい。


追記
残念ながらつい最近廃番になってしまった様で、HMV、TOWER、Amazon等での取り扱いが終了してしまっています。

NORISIAM-X / N☆X☆R☆2

NORISIAM-X
NORISIAM-X
N☆X☆R☆2

★★★★★★☆☆☆☆

D-ST.ENT.の紅一点 NORISIAM-X の2nd アルバム。

ゲストと構成を絞った前作とは対照的に、今作はほぼ全曲にゲストが参加し、プロデューサーの顔ぶれも多彩と賑やかな作り。また、NORISIAM自身がコテコテの関西弁を頻繁に使うようになったのも前作との大きな差異といえるだろう。

しかしながらそれらが全て成功しているとは言い難い。

様々なゲストやビートを取り入れるのは面白いが、その代償として雑多感が強く出てしまい作品としての纏まりが弱くなってしまっている。そして何よりも致命的なのはスキットの多さとそのやり過ぎ感。これは好き嫌いの別れる所かもしれないが、スキットが多くて長いとアルバム1枚通して聴く気がおこらないという人は少なくないだろう。

また前作に収められていた曲の焼き回し等もあり、全体的に寄せ集め感が強くでているのも悔やまれるところだ。

それでも曲単位ではSPHERE of INFLUENCE と RICKIE G が好演する「Oventuara」や、男女の友情を唄った「Justafriend」、所謂デートクラブでの一幕を演じる「X and The City(ハジメマシテ)」等NORISIAM-X ならではの世界観を堪能できる曲も少なくない。

フィメール MC の中でも独特の視点を持っている人だけに、次回はもっとプロダクションをしっかり練って欲しいと思う。


追記
全曲 BL プロデュースだった1枚目とは随分方向性が変わったように感じられるが、それはジャケットを見比べてみても一目瞭然。黒でシックに決めていた前作のそれと異なり、今作はえらくPOPでガーリーな仕様。この違いがそのまま作品の内容に反映していると思って貰うとイメージし易いのではないでしょうか。

童子-T Feat.beni / もう一度

童子-T Feat.beni
童子-T Feat.beni
もう一度


やっちゃったなぁ童子-T。
前作「ONE MIC」がかなりPOP寄りな作品だったし、郷ひろみとの合体なんて嘘みたいな話もあった訳だけど、本作で確実に向こう側へ行ってしまった。

ドラマ「ロングバケーション」の楽曲をサンプリングした本作は確かに良い曲だと思うけど、青山テルマの「そばにいるね」を聴いた時に多くの人が感じたであろう、「これ SoulJa いらないんじゃ…」と全く同じ事を思ってしまった。

これ童子-T いらないんじゃない?と。

素敵なメロディーに切なくも盛り上がる亜良城 紅が歌うフック。何度聴いてもやっぱりそれだけの印象しか残らない。SoulJaしかり、HOME MADE家族のKUROしかり、ぼそぼそ語る系統のラップがこれ以上増えて欲しくないなぁ、と強く願う。


正直 KREVA みたいに華があるキャラでもないんだから、もっと地味なビートにしないと駄目だよ。童子兄さん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。