スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L-vokal / Free

L-vokal Free
L-vokal
Free

★★★★★★☆☆☆☆

「これが本当にメジャーか?」と唸らされた先行マキシ「万歳」、一気にメインストリームに躍り出たセカンドマキシ「STEP UP」。そして待ちに待った L-vokal のメジャーデビューアルバムがこちら。

全体的な雰囲気としては「STEP UP」の流れをくむ「直球ど真中勝負」のものが多く、いかにもメジャーらしい仕上がり具合となっている。どの曲でも L の滑らかに流れるようなフロウを堪能出来るものの、これまでの作品で見られたシニカルな一面がほぼ皆無なので繰り返し聴くような面白みには欠けてしまう。

発売前に話題になった NIPPS も今一つ存在感が無いし、数曲でプロデュースを務める BACH LOGIC もあまり冴えない。

冷静に見れば駄作が少なく綺麗に纏まっている作品だとは思うのだが、彼にはもう少し変化球を期待してしまう。とはいえ、毒っけの無い作品だと理解して購入すれば、決して損はしないクオリティーではないだろうか。

追記
本作には「STEP UP (BACK LOGIC REMIX) 」が収められているが、はやはり原曲の方が良かった。最近露骨に BACH LOGIC の打率が下がってきたなー。仕事し過ぎもあるでしょうが。

小林大吾 / 1/8,000,000

小林大吾 1/8,000,000

小林大吾
1/8,000,000

★★★★★★★★★☆

「詩人の刻印」を聴いて以来すっかりファンになってしまった小林大吾の1stアルバム。

ソウルフルなビートの上でラップとポエトリーの中間の様なフロウをみせていた「詩人の刻印」と比べるとずいぶん印象が異なり、純粋なポエトリー要素が強い。それ故にどこか垢ぬけていなくも感じるが、逆にそこが魅力的でより詩の世界に引き込む事に一役買っている。

お勧めはタカツキのウッドベースをバックに、擬人化した舌について語る「エイミーと尨犬 」と、ビート・詩ともに彼の最高傑作だと思える「棘」。

全体的な完成度としては前途した2枚目に少し劣るが、上記2曲が突出して素晴らしい。ただ、初めて小林大吾を聴く方なら2枚目の方が取っ付き易いかと思われる。


追記
プラスチックのCDケースでは無く、ビニールのみのケースというのが非常に残念。持ち運びや管理が手間なんだよね。。

夏の名残りの薔薇 / 恩田 陸

恩田 陸
夏の名残りの薔薇
恩田 陸


夢か現実か、もしくは妄想なのか。

各章とも語り手の主観により物語が変わっていき、真実と妄想が入り乱れる様は好き嫌いに分かれるところだろう。残念ながら終わり方が好みではなかったが、それすらも結局は語り手の一方的な妄想の産物でしかない気がしてしまうし、そうでなけば陳腐すぎる。

Kirk Franklin / The Rebirth of Kirk Franklin

Kirk Franklin
Kirk Franklin
The Rebirth of Kirk Franklin


たまらんなぁ、この高揚感。

宗教がかってるとはいえ、ゴスペルを聴くと他の音楽にない言葉の厚みや、その神々しさに圧倒される。現地のおばちゃんなんかは歌ってる最中に普通に失神したりするらしいけど、それも納得できるほどの高揚感がこの CD からでも伝わってくる。

これだけ自己陶酔出来たらさぞや気持ち良い事でしょう。
Kirk Franklin は無神論者でもかなり聴きやすいのでゴスペル初心者なんかにもお勧めです。

Akira / Casanova

AKIRA
AKIRA
Casanova

★★★★★☆☆☆☆☆

ゲットー・プリンスこと AKIRA のソロデビューアルバム。

TOKONA や EQUAL と比較するまでもなく元来 AKIRA はテクニカルな MC ではない。それでも MOSAD や客演曲等で十分な存在感を発揮してこれたのは、その恵まれた声質によるところも大きいだろう。

それ故に参加ゲストが少ない本作が不安だったが、やはりアルバムを通して聴くと AKIRA のフロウが一本調子気味で単調な印象が強い。

唯一 Kalassy Nikoff を迎えたタイトル曲だけは女の子受けも必至なパーティチューンに仕上がっており一際耳を惹きつけられる。実際彼はプレイヤーを謳い文句にしているので、もう少しこの手の軽めの曲があれば良かったのではないだろうか。

残念ながらアルバム単位で聴くのは辛いが、曲単位で見れば決して悪い出来では無い。とはいえ、AKIRA はマイクリレーでこそ栄えるMCだと思うので、次作があるならばもう少し賑やかな作品を期待したいところだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。