スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キスまでの距離  ―おいしいコーヒーのいれ方1― / 村山由佳

imgc2a396afzikezj.jpg

キスまでの距離  ―おいしいコーヒーのいれ方1―
村山由佳



直木賞も受賞した「星々の舟」を読んで、彼女の書く文章のあまりの美しさに感動したのも遠い昔。それからずっと気になっていたシリーズものの本作にようやく手を出したのだけど、はっきり言うとベタ過ぎます。

親が急に転勤になったので、いとこ宅で暮らすことになった主人公。久しぶりに再会したいとこが想像外の美人になっていて一目惚れ。そのいとこが主人公の通っている学校に先生としてくる事になったり、実は血が繋がっていない事が分かったり、突然家が停電になったり…って、おーい。

少女漫画ノリで進む話があまりにベッタベタで、勿論このベタさが好きな人もいるのだろうけど、個人的にはちょっと苦手でした。かなり読みやすい本だけど、続編には手が出ません。ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。