スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽気なギャングが地球を回す / 伊坂幸太郎

img0a800142zik9zj.jpg

陽気なギャングが地球を回す
伊坂幸太郎


以前読んだ伊坂幸太郎の小説はあんまり好きじゃなかったけど、これはなかなか面白い。特殊な才能を持った4人組が起こす銀行強盗劇なんだけど、なんと言ってもギャングらしからぬ主人公達のキャラが魅力的だし、今時銀行強盗というアナログな設定も面白い。

伏線の張り方も上手く、エンターテイメント小説としての完成度は非常に高いので、すでに発売されている続編にも期待したいところ。また、映画化もされているのでそちらも観てみようかしらん。

芥川龍之介曰く「本当らしい小説とは恐らく人生におけるよりも偶然性の少ない小説である」という響野のウンチクには思わず納得してしまった。そりゃそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。