スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のセックスを笑うな / 山崎ナオコーラ

imgd113df33zik9zj.jpg

人のセックスを笑うな
山崎ナオコーラ


作者名もタイトルも変てこな本作が、第41回文藝賞を受賞し、芥川賞候補にも挙がって、映画化も決定というのは快挙でしょう。このタイトルからは色々想像してしまうけど特にえげつない内容でも無く、至って普通の恋愛小説。

ただタイトルが強烈なだけに、それに相反しているかのように淡々とし過ぎな内容にはいま一つ盛り上がりきれなかった。

元々120ページという薄さなのに、各ページ限界までに広げられた行間や改行により恐ろしくすぐ読めてしまう。なんともボリューム不足。

次回はもう少し長編が読みたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。