スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチミツとクローバー

img86a04a1czikdzj.jpg

ハチミツとクローバー

コミックよりもアニメ版の方にどっぷりと浸かっていた邪道な自分もようやく映画版を鑑賞。原作からコミカルな要素を取り除いた本作は、なんと言っても全体を漂う“どんよりと暗い”雰囲気に戸惑う事請け合い。

また2時間に全てを盛り込みましたと言わんばかりの展開には、説明不足と思われる場面が多く、原作を知らない人を置いてきぼりにしているのでは?という当然の懸念を抱かせる。

さらっと楽しめない映画だったけど、あそこまで変質的に1人の異性を愛せるのは純粋に羨ましく、そういえば自分の青春はいつの間に終わったのだろうと途方にくれてしまう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。