スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドゲーム / 荻原浩

img68dc4ea1zikfzj.jpg

コールドゲーム
荻原浩


中学生時代いじめられっこだった通称トロ吉が、当時のクラスメートに次々と復讐をしていく‥というサイコミステリー小説。いじめていた(もしくは見て見ぬふりをしていた)側の主人公達からの視点で書かれたモノなので、次々と同級生が襲われていく様はちょっと怖いものがある。

扱うテーマがなんとも重苦しいですが、思ったよりもさくさく読めるし内容も重いという程でもありません。ただ中盤辺りの展開からリアリティーに欠けてしまうのが勿体ない。

いじめが盛んに問題視される現代ですが、この本読むとちょっと考えさせられますね。小、中学校って周りの友達の力関係だったり、ちょっとした事でいじめたり、いじめられたりしてしまいます。今思えば学校って(というかその年頃の子供って)本当に恐ろしいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。