スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OZROSAURUS / Hysterical

img432b2c48zik2zj.jpg

OZROSAURUS
Hysterical

★★★★★★★☆☆☆

「ポニキャじゃ窮屈」、「言葉の羽もぐメジャーよりインディーズ」と曲中でも歌われているようにメジャーを見限り、自身初となるインディーからのリリースとなった4枚目。

その結果、万人受けした前作とは雰囲気が全く異なる上に、今までに無く過激な表現が多い事も手伝ってかなりリスナーを限定してしまう作品に仕上がってはいるが、今作が日本語ラップの新しい境地に踏み込んだ意欲作である事も確かだろう。

中でも序盤の「0%」、「星を願う」、「1 for DA 何?」という攻撃的でロックテイストの強い楽曲に、裏声混じりで変則的なフロウをみせるMACCHOが最高に刺激的。このブッ飛んだ序盤の為にアルバムを購入しても損は無いのではないか、と思わせる程に出来が良いものの、逆に言えば序盤に良曲が固まリ過ぎていて、それ以降がだれてしまっている。

終盤には美しいピアノのメロに、名曲「HEY GIRL」を思わせるリリックが印象的な「J.O.K.E」が白眉の出来で再び引き寄せられるが、それまでの展開が単調で面白くない。客演MC無しという事もあり、早々にお腹いっぱいになってしまい、中盤辺りで胃がもたれる事必至。(何故かfeat.表記はされていないが、ひっそりとHI-Dの参加はあり)

特に同名映画の登場人物の視点になってラップされる「メメント」は違和感を感じてしまう程今回の作風には不似合いだろう。

INTRO以外スキットは無しで、全18曲収録というヴォリュームは嬉しいが、もっと選曲を絞って12~3曲にするか、もしくはミニアルバムとして発売すれば印象は格段に良くなっていたと思うだけに残念だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。