スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童子-T Feat.beni / もう一度

童子-T Feat.beni
童子-T Feat.beni
もう一度


やっちゃったなぁ童子-T。
前作「ONE MIC」がかなりPOP寄りな作品だったし、郷ひろみとの合体なんて嘘みたいな話もあった訳だけど、本作で確実に向こう側へ行ってしまった。

ドラマ「ロングバケーション」の楽曲をサンプリングした本作は確かに良い曲だと思うけど、青山テルマの「そばにいるね」を聴いた時に多くの人が感じたであろう、「これ SoulJa いらないんじゃ…」と全く同じ事を思ってしまった。

これ童子-T いらないんじゃない?と。

素敵なメロディーに切なくも盛り上がる亜良城 紅が歌うフック。何度聴いてもやっぱりそれだけの印象しか残らない。SoulJaしかり、HOME MADE家族のKUROしかり、ぼそぼそ語る系統のラップがこれ以上増えて欲しくないなぁ、と強く願う。


正直 KREVA みたいに華があるキャラでもないんだから、もっと地味なビートにしないと駄目だよ。童子兄さん。
スポンサーサイト

コメント

No title

オレは全然スタンス的にはありだと思いますけどね。
むしろリスナーが勝手に臨んでる「第三の男」でのスタイルこそ、彼のキャリアから見れば異質なわけで、向こう側にいくも何も彼が一貫して狙ってた地点は変わってません。
それこそ浜崎あゆみとやった頃から。
別に郷ひろみとやって「具体的に何が悪いの?」って聞かれたときに何人が答えられるんだか。
郷ひろみとやることがアーティストとして、もしくはHIPHOPにとって恥なんでしょうか?それはなぜ?
漠然とした「セルアウトっぽく感じたからダメ」ってのは日本のリスナーの悪しき風潮だと思います。

まぁただオレもこの曲に限ってはイマイチだと思いますけどね(笑
あとKUROは今の路線だとアレなんだけど、1stでのThis Way~やHBへの客演なんかで、黒いトラックに乗っかると滅茶苦茶カッコ良いんですよ!!

遼 様

こんばんは
コメントありがとうございます。

確かに童子ーTは昔からKOHEI JAPANやLITTLEなんかとつるんでいた訳ですし、仰る通り最近になってスタンスを変えたという見方は間違いかもしれませんね。

ただ最近の彼に感じるもやもや感というのは「大好きだった深夜番組がゴールデンに移行してつまらなくなった」、あの感じなんですよね。特に近頃の楽曲では童子-Tのラップが、客演者や音に完全に食われて、噛み合っていない様に感じるので余計に批判的になってしまった事は否めません。

勿論そんな古臭い考え方が日本のHIPHOPの発展を妨げてるのは重々承知しているのですが、やはりメジャーのど真ん中でやるからこそ、純粋にラップだけで勝負して売れて欲しいと思ってしまいますね。

うーん。書いてて思いましたが、結局僕は理想論を語るだけの駄目なタイプですね。笑


KUROはHBの2枚目に客演した「春の白昼夢」が大好きです。U-ICHI制とは思えない煙たいトラックがなんとも絶品ですよね!

No title

こちらこそ、なんか読み返してみると感情先行で厭味な言い方になってて申し訳ないです。
まぁ単純にラップに関してはどんどん魅力が薄れていってるとはオレも感じてますが…スタンスとしては全然有りやなぁと思った次第です。

そうなんですよ、KUROはハマるといいですよね~!!
彼に関しては単純に楽曲へのハマり具合から昔に戻ってほしいものです(笑

遼 様

いえいえ。
自分とは違う意見が聴けて良かったです!

この曲の是非はともかくとして、童子-Tの今後の活動には非常に興味がありますね。どこまで一般層に浸透するのかも含めて、何かと楽しみな存在ではあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。