スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京事変 / 修羅場

img158a165dzikfzj.jpg

東京事変
修羅場


久しぶりに普通のCDをご紹介。

各メンバーの演奏技術もそうですが、それ以上に楽曲に緩急をつけるのが上手くいつも感心させられる。林檎の強烈な個性にだけ頼っていないところがこのバンドの素敵なところだ。

全く修羅場らしからぬアダルトな雰囲気を醸し出すタイトル曲と、2曲目のネッド・ドヒニーのカバーはいかにも事変らしくて面白い。

が、それ以上に素晴らしいのはアルバム未収録ながら高い人気を誇る3曲目の「落日」。ピアノだけで聴かせる前半、ラストで魅せるバンドのグルーブ感が堪らない。林檎の書く詞がまた素晴らしく、こんな詞がさらっと書けてしまう椎名林檎はやっぱり天才なんだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。