スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿の証言 / 北川 歩実

img660e089fzik5zj.jpg

猿の証言
北川 歩実


最近ブタと羊の交配種が披露され一部で波紋を呼んだが、そんな悍ましいものを見た時に思い出したのがこの小説。

ヒトとチンパンジーの遺伝子について綿密に取材されており、ミステリー以外の所でも実に興味深く読むことが出来た。(ヒトとチンパンジーの交配種は可能か?という議論が熱い!)

ただ、いかんせんその説明部分が長くテンポよく読ませてくれないのが残念。勿論この説明がいい加減だと物語が陳腐なものにしかならない訳だけど、要はバランスの問題。

サイエンスミステリーと評される事も多い著者の中でも、らしさがでた中々の佳作だと思うが一番の謎は覆面作家である著者の事か。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。