スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INO hidefumi / Satisfaction

INO hidefumi  Satisfaction
INO hidefumi
Satisfaction


フェンダーローズの音が美しい「Spartacus」に魅了された。

原曲(Yusef Lateef の Love Theme From Spartacus)にあったジャズっぽさは希薄だが、現代っぽい洒落たアレンジが良い。肝心のアルバムは、全曲良いとは言い難いが雰囲気の良さだけは満点でしょう。

お洒落なティータイムを軽やかに演出してくれる1枚。
スポンサーサイト

L-vokal / Free

L-vokal Free
L-vokal
Free

★★★★★★☆☆☆☆

「これが本当にメジャーか?」と唸らされた先行マキシ「万歳」、一気にメインストリームに躍り出たセカンドマキシ「STEP UP」。そして待ちに待った L-vokal のメジャーデビューアルバムがこちら。

全体的な雰囲気としては「STEP UP」の流れをくむ「直球ど真中勝負」のものが多く、いかにもメジャーらしい仕上がり具合となっている。どの曲でも L の滑らかに流れるようなフロウを堪能出来るものの、これまでの作品で見られたシニカルな一面がほぼ皆無なので繰り返し聴くような面白みには欠けてしまう。

発売前に話題になった NIPPS も今一つ存在感が無いし、数曲でプロデュースを務める BACH LOGIC もあまり冴えない。

冷静に見れば駄作が少なく綺麗に纏まっている作品だとは思うのだが、彼にはもう少し変化球を期待してしまう。とはいえ、毒っけの無い作品だと理解して購入すれば、決して損はしないクオリティーではないだろうか。

追記
本作には「STEP UP (BACK LOGIC REMIX) 」が収められているが、はやはり原曲の方が良かった。最近露骨に BACH LOGIC の打率が下がってきたなー。仕事し過ぎもあるでしょうが。

小林大吾 / 1/8,000,000

小林大吾 1/8,000,000

小林大吾
1/8,000,000

★★★★★★★★★☆

「詩人の刻印」を聴いて以来すっかりファンになってしまった小林大吾の1stアルバム。

ソウルフルなビートの上でラップとポエトリーの中間の様なフロウをみせていた「詩人の刻印」と比べるとずいぶん印象が異なり、純粋なポエトリー要素が強い。それ故にどこか垢ぬけていなくも感じるが、逆にそこが魅力的でより詩の世界に引き込む事に一役買っている。

お勧めはタカツキのウッドベースをバックに、擬人化した舌について語る「エイミーと尨犬 」と、ビート・詩ともに彼の最高傑作だと思える「棘」。

全体的な完成度としては前途した2枚目に少し劣るが、上記2曲が突出して素晴らしい。ただ、初めて小林大吾を聴く方なら2枚目の方が取っ付き易いかと思われる。


追記
プラスチックのCDケースでは無く、ビニールのみのケースというのが非常に残念。持ち運びや管理が手間なんだよね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。