スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MC JUN / ART OF YOUNGSTAR

MC JUN

MC JUN
ART OF YOUNGSTAR

★★★★☆☆☆☆☆☆

名古屋の HIPHOP 集団 BALLERS から MC JUN の8曲入りミニアルバム。

率直な感想としては「またか」と言う感じ。

サウンド面では、EQUAL や DJ RYOW が安定した楽曲を提供し、ゲストでは名古屋作品には欠かせない存在となった ANARCHY が参加している。

なんというワンパターン。出来が悪いのでは無く、あまりにも型にハマり過ぎた典型的な名古屋産 HIPHOP にはいい加減辟易してしまう。この作品を聴いて感じるのは「名古屋」、もしくは「BALLERS」関連の作品を聴いたという漠然としたものだけで肝心の MC JUN というアーティストの顔が見えない。

その理由はやはり、名古屋周辺作品に蔓延するマンネリ感と個性の弱さ。せめて音だけでも差別化する努力をみせて欲しい。

勿論「名古屋」や「BALLERS」というカラーこそがMC JUN の個性だとも言えるので、そのファンを自認する方なら安心して購入できるだろう。そうでない方には特別勧める言葉が浮かばない作品でしたが、決して質が悪いわけでは無いのであしからず。
スポンサーサイト

JAY-Z / MTV UNPLUGGED

109667.jpg

JAY-Z
MTV UNPLUGGED



久しぶりに洋楽を聴いて胸が熱くなった。
スタジオレコーディング作品よりも断然良く、こんなに聴き逃していたのを悔んだアルバムも珍しい。

電子音を使わないTHE ROOTSのバンドサウンド、ソウルフルなラップにノリの良い観客と全てが暖かい空気に満ちていてなんとも素敵!名盤「BLUE PRINT」ではあまりピンとこなかった「izzo(h.o.v.a) 」も生音だとめちゃめちゃ気持ち良い。

客演では Mary J. Blige や Pharrell なんてビッグネームも参加してるが、そんな大物達が霞むほどに「Heart Of City」で鬼のようなシャウトを魅せる Jaguar Wright が素晴らし過ぎた。ある意味で主役をも喰った瞬間だったのではないだろうか。

MTV UNPLUGEDシリーズは名盤が多いので、他のラッパーもどんどんリリースして欲しいものです。NAS とかこの雰囲気にハマりそうなんだけどな。

LA BONO / HUSTLER/RAPPER

LA BONO

LA BONO
HUSTLER/RAPPER

★★★★★★☆☆☆☆

京都の R-RATED RECORDS よりBITTER CAPPUCINO こと LA BONO の1stミニアルバム。

本来9曲入りのミニアルバムを出す予定だったらしいが、不法逮捕の公務執行妨害で LA BONO 自身が逮捕されてしまった為に、急遽5曲入になってしまったというまさしく曰くつきの1枚。

そんな諸事情により取り敢えず「ミニアルバム」という体裁でリリースされてはいるものの、内容はINTROとOUTROを除けば僅か3曲のみで収録時間も15分弱。普通のマキシと大差の無いボリュームに落ち着いてしまっている。

楽曲では「GHETTO STYLE」、「TWO MOST WANTED」の2曲が単調で今一つパンチ力に欠けてしまっているが、GRAND BEATZによる「DAY BY DAY」は自身の生い立ちを唄うハスリングな歌詞が一際印象的で、LA BONOの魅力がしっかりと伝わる佳曲に仕上がっている。

客演の Kalassy Nikoff や ANARCHY、塀の中にいる LA BONO に語りかける MR.OZ の OUTRO 等聴きどころも随所にあるが、どうにも消化不良感が残る。特に、普通にミニアルバムだと思って購入すると痛い目にあうので注意して欲しい。

York / Soldier

York

York
Soldier


そのいかにもな風貌とは裏腹に、Exile の Atsushi 率いる ”Color ” の元メンバーだったという YORK の1stソロマキシ。

失礼にも普段ならこの経歴だけで聴くのを敬遠してしまいそうだが、客演のAK-69に興味を引かれて購入してみれば、これが意外と良かった。

タイトル曲にはあまり魅力を感じなかったが、2曲目の「ZERO」はAK-69のラップと YORK の力強く熱い歌声が見事にかみ合っており、聴かず嫌いでおくには勿体ない1曲だろう。

先日発売されたフルアルバムには HOKT や Big Ron なんかも参加しているようだし一度聴いてみようかな。

神門 / 三日月

神門

神門
三日月

★★★★★★★★☆☆

「全曲ラブソングで客演無し」というHIPHOPの世界においては異色のコンセプトながらも見事に成功して見せた神門の1stアルバム。

痛々しくも確信をついた青臭いリリックはまさにリアルというものだろう。

ただその誰もが体験したであろう青臭い経験を赤裸々に唄われるというのは決して心地良いものだけではなく、目をそらしたくなる瞬間も確かにある。特に神門自身のフロウが不安定になったり、ネガティブで重い内容のものも少なくないので聴いていて気が滅入る事もしばしばあり、少なからず聴き手を選ぶ作品となる事だろう。

その意味で言うならば70分を越える大ボリュームとせずに、楽曲を絞り込む等の聴き易くなるような工夫も欲しかったところだが、現状のままでも十二分に日本語HIPHOPの新しい可能性を感じさせる1枚だと付け加えておきたい。

ラブソング以外に神門がどんな歌を唄うのか、次の一手が非常に興味深い存在だ。


- 追記 -
個人的には神門を知るきっかけとなった名曲「Here Is Hapiness」が収録されていなかったのがなによりも心残り。アナログ盤で出回っているので、機会があれば是非聴いてみて欲しい。

あの曲が入っていれば評価は格段に上がったんだけどなぁ。

DJ RYOW Feat.TOKONA-X / WHO ARE U?

DJ RYOW Feat.TOKONA-X

DJ RYOW feat.TOKONA-X
WHO ARE U



トコナメ最後のレコーディングとなった遺作。

MOBBSTER RECORDS PRESENTS という事で、カップリングにはM.O.S.A.D のメンバーそれぞれのソロ曲が収められているという豪華なパッケージが嬉しい。(但し値段も4曲で1470円と負けじと豪華)

楽曲は DJ RYOW とEQAUL が共に2 曲ずつ提供している。

タイトル曲はDJ RYOWの重厚なトラックに、「っつうかWho are u?」という相変わらず不敵なリリックがハマりまくる名曲で、特にフックでの盛り上がり方はトコナメの楽曲の中でも間違い無く1、2番を争う出来だろう。

フロア映えも抜群だし、このふてぶてしいフロウの感じはまんまジャケットの写真通りだなぁ。

カップリングではAKIRAのソロ曲だけがやや単調で盛り上がりに欠けるのが悔やまれ、どうせなら M.O.S.A.D 名義の楽曲も1曲聴きかせて欲しかったと我儘を言いたくなった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。