スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若 / ドクタートーキョー

般若 ドクタートーキョー
般若
ドクタートーキョー

★★★★★★★★★☆

般若4枚目のアルバム。

いかに実力のあるアーティストであっても、ゲストラッパーを招かないと単調に感じる瞬間が必ずあるものだが、この作品には不思議とそれが無い。むしろ無粋な連中が一切参加していない事に感謝したい程、般若がラッパーとしてひとつの高みに達した傑作ではないだろうか。

楽曲に関しては I-DeA、BACHLOGIC、EVISBEATS といったシーンを代表する面々が1曲づつながらも要所を抑えた仕事をしているのが印象深いところではあるが、長渕 剛プロデュースの「チャレンジャー」だけはいかがなものだろうか。

あまりにも氏のイメージが強すぎて、この曲だけはどうしても受け入れる事ができなかった。

それでも、日本語ヒップホップを憂い、吐き出される言葉達は前作にも増して重みと説得力があり、スキル云々ではなくラッパーとしての魅力がストレートに伝わる作風に仕上がっている。


追記
ジャケがダサい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。