スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林大吾 / 1/8,000,000

小林大吾 1/8,000,000

小林大吾
1/8,000,000

★★★★★★★★★☆

「詩人の刻印」を聴いて以来すっかりファンになってしまった小林大吾の1stアルバム。

ソウルフルなビートの上でラップとポエトリーの中間の様なフロウをみせていた「詩人の刻印」と比べるとずいぶん印象が異なり、純粋なポエトリー要素が強い。それ故にどこか垢ぬけていなくも感じるが、逆にそこが魅力的でより詩の世界に引き込む事に一役買っている。

お勧めはタカツキのウッドベースをバックに、擬人化した舌について語る「エイミーと尨犬 」と、ビート・詩ともに彼の最高傑作だと思える「棘」。

全体的な完成度としては前途した2枚目に少し劣るが、上記2曲が突出して素晴らしい。ただ、初めて小林大吾を聴く方なら2枚目の方が取っ付き易いかと思われる。


追記
プラスチックのCDケースでは無く、ビニールのみのケースというのが非常に残念。持ち運びや管理が手間なんだよね。。
スポンサーサイト

小林大吾 / 詩人の刻印

小林大吾

小林大吾
詩人の刻印

★★★★★★★★★★

静かに溢れ出る言葉の数々に圧倒された。

ラップではなく「ポエトリーリーディング」というフィールドではあるものの、ちゃんと音に乗って韻を踏んでいるので HIPHOP好きならば抵抗感もないであろう。

そこらへんの B 級映画以上にユーモラスな「三角バミューダの大脱走」、人生の教訓が詰まった「話咲く種をまく男」。ひとつずつ取り上げれば、とても語りきれないほどに情景豊かな楽曲達が収められるこのアルバムは、ここ何年かで聴いたどのジャンルの音楽よりも素晴らしい。

普段 HIPHOP を聴かない人から「お勧めの作品は?」と聴かれいつも返答に困っていたが、これからはこの作品を教える事だろう。

未聴の方は是非、ソウルフルなトラックの上で休む間もなく紡ぎだされる沢山の優しい言葉達に出会ってみて欲しい。


追記
残念ながらつい最近廃番になってしまった様で、HMV、TOWER、Amazon等での取り扱いが終了してしまっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。