スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELI presents チカチカ(秘)大作戦 / V.A

DELI presents チカチカ(秘)大作戦

DELI presents チカチカ(秘)大作戦
V.A

★★★★★★★★☆☆

一応DELI主導となる『チカチカ・プロダクション』。

今作はそのDELIを基にYAKKO、MIKRIS、MACKA-CHINを加えた4人が集まったアルバムとなっており、 相変わらずねちっこいラップをかますMIKRISオンリーの曲が2曲あるのは好き嫌いに分かれる所だろうが、楽曲のクオリティーはどれも高い。

中でもスローテンポながら幻想的な「シャボン玉」と、MACKA-CHINの名パンチラインが飛び出す「ティンティーリ」が白眉。また、ラスト3曲の流れは実に気持ち良いので是非聴いてみて欲しい。ゲストではYAZ DA P.D、GOCCI、KASHI DA HANDSOME等男前なメンツが丁度良い間隔で参加しているので、単調にならずにアルバム1枚聴かす事に成功している。

「ティリティリ」、「ティンティーリ」、「婦長の現場」、「刺激先生」等どの曲名を見ても脈略のない適当なものばかりだし、AV女優を起用したジャケットやアルバムタイトルなんかから伺えるのは、商業的でなく「やりたい事をやった!」と言わんばかりの自由な雰囲気。

当然ながら楽曲にも遊び心が感じられるし、メンバーそれぞれが普段より伸び伸びしているようにも感じられる本作は、NITRO関連のアルバムの中でも頭一つ抜き出た快作だろう。
スポンサーサイト

LESSON ONE! / JAPANESE HIPHOP NON-STOP MIX

LESSON ONE!

LESSON ONE!
JAPANESE HIPHOP NON-STOP MIX


餓鬼レンジャーのDJ、GP aka GREEN PEEASEによる日本語HIPHOPのNON-STOP-MIXCD。

繋ぎはかなりスムーズだし、某DJみたいに曲間にいちいちGPのシャウトが入ったりしないので非常に聴きやすい。随所で餓鬼レンジャーやUBG、走馬党の面々等からのシャウトアウトが入り、メジャーで活躍するDJならではの豪華さを感じさせてくれるのも嬉しい。

選曲としては有名な楽曲が大半を占めているのはいいが、走馬党関連の楽曲が全体の1/3を占める等、聊か偏り過ぎの嫌いがある。もっとベタなクラシックからマニアックな名曲まで幅広く選んで欲しかったところ。

手堅く楽しめる1枚ではあるけども、個人的にはちょっと物足りず。

ガチャポン / Soundtrack(V.A)

ガチャポン

ガチャポン
Soundtrack(V.A)

★★★★★★★☆☆☆

若者たちのリアルな日常?を描いた青春映画『ガチャポン』のサントラ・アルバム。映画は未見だが、このサントラは餓鬼レンジャーのDJ、GP a.k.a GREEN PEEACEがトータルプロデュースを務めているという事だったので購入。

期待の餓鬼レンジャーの曲は2曲だけで、共に既出曲というのがなんとも残念だが、今まで「火ノ粉ヲ散ラス昇龍」のシングルにしか収められていなかった名曲「東雲」が収録されているのは嬉しい限り。未聴の方は是非この機会に聴いて貰いたい。

参加アーティストはVOLCANO POSSEやDISRUGRAT等、餓鬼レンファンにはお馴染みのメンツに加え何故かINDEMORAL、MINESIN-HOLD、ラッパ我リヤといった走馬党の面々が大々的に参加している。その他にもMARやBaby Breathといった女性の歌モノを間に挟んでいるのはR&B志向のGPならではか。

今回GPはアルバム15曲中10曲をプロデュースしているが、いずれも統一感がありお得意の和風っぽい作風が素晴らしい出来だ。特にRAPではMINESINの「W MUGNUM」が、歌モノでは映画のエンディングでもあるDISRUGRATの「azure...」が白眉。

ただGP以外のプロデューサー曲(DJ WATARAI、山田マン等)を間に挟んでいるため、綺麗な流れが途中で止まってしまうのは聊か勿体無い。全てGPが手掛けていれば‥と思うのは贅沢か。

ちなみに映画タイトルの「ガチャポン」は100円入れてまわすアレではなく、博多弁で「アベコベ、ドンデン返し」という意味らしい。

R-RATED COLLECTION hosted by ANARCHY

R-RATED COLLECTION hosted by ANARCHY

R-RATED COLLECTION hosted by ANARCHY
R-RATED RECORDS MIXCD VOL.01


RYUZOやANARCHY等の活躍により『京都=ハーコー』というイメージがついてしまう程の勢いを見せたR-RATED RECORDS 。(実際には瘋癲やFAR EAST RHYMERS等、非ハーコーな方たちも多い土地です)

そんなANARCHYをホストに迎えた本作ではレーベル看板MCである、RYUZO、ANARCHY、LA BONOの3人による楽曲や客演曲、更にはフリースタイルまでを納めた豪華仕様のMIXCDとなっている。

肝心のANARCHYのナビゲーションに関しては正直拙い印象も受けるが、同クルーらしく終始テンション高めの楽曲群の中では、そのラフさがある種の臨場感となるのもまた事実だろう。

各人のフリースタイルや未発表音源も盛り込まれている為に聴きごたえは十分だし、1,575円というリーズナブルな価格設定により、かなりの満足感が得られる1枚。残念ながら通常の店舗では販売していない筈なので、購入の際はR-RATED RECORDSホームページよりどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。