スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籠獅 / 荒獅子

籠獅

籠獅
荒獅子

★★★★★★★★☆☆

九州は福岡の人気ハーコーHIPHOPクルー“ Shitakili IX (シタキリナイン) ”から籠獅 (ろうし) のソロ・デビューマキシ。

名古屋BALLERSのSYGNALやGrand Beatzのアルバムに参加した事などから、じわじわと知名度をあげてきていた中でのマキシは予想以上の好感触。

タイトル曲の「荒獅子」及び、地元を唄った「レペゼン親不孝通り」は籠獅の男堅気なリリックとが堪能できる佳作に仕上がっている。

女性ボーカルを迎え、自身の生い立ちを低音で渋く語る「あの日の少年」含め、デビュー盤にして既に完成されている彼の世界観はもっと広く受け入れられるべきものだろう。

この後フルアルバム「DOU-DELL」もリリースされているが、このマキシからの楽曲は1曲も収録されていない為(1500円とちょっと高めですが‥)買って損はない出来です。今後全国区での更なる活躍を期待したい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。