スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LITTLE / LIFE

img6b074e70zikczj.jpg

LITTLE
LIFE

★★★★★★☆☆☆☆

LITTLEのソロ2作目。

アルバム発売前に出されたシングル3枚が全てPOPな楽曲だったが、アルバムでは流石に多彩な面を見せてきた。中でも自身のルーツである、ZINGIとの『HARD硬派』、相変わらず相性の良さを見せる童子-Tとの『youth&youth』、ラップへの愛情を早口でまくしたてる『RAPが好き』が頭ひとつ飛びぬけており、POPでない楽曲でのLITTLEのラップは最高に格好良い。

ただ、当時ソカが流行っていた為か、『踊らソカ』なんて安直なものや、アルバム後半の盛り上がる所に『聖者が街にやってくる』で流れを壊していたり、リトルの最高傑作だと思う『サバーバリアン』が入っていなかったりと、正直纏まりが悪い。

KREVAもLITTLEも本当に上手いラッパーなので、もっとHIPHOP寄りなアルバムの方が断然映えると思うのだが。LITTLEはシニカルに毒づいてるぐらいが格好良い。
スポンサーサイト

LITTLE

img69419bcdzik3zj.jpg

LITTLE
I SING,I SAY
 
★★★★★★★☆☆☆

RIP SLYMEのDJ FUMIYAプロデュースによるPOP色の強いラブチューン。

KICK THE CAN CREWは一般受けしすぎてしまった為に引くに引けない状況になってしまった感があったので、ソロではもっとやりたいことをやってくるかと思ったのだが、このあまり大差がないPOP具合には少なからずショックを受けた。

ただ2曲目『サバーバリアン』は悶絶する事間違いない程に素晴らしい。Loop Junktionが参加しているのでモロにそっち寄りな楽曲になってしまっているものの、山仁の渋い語り口がリトルの高音と見事にハマッていてリトルの既存の曲の中では間違いなく1番良い。

この1曲の為だけにでもこのCDを買う価値は十分にある
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。