スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONTIEN / MONTIEN2

835.jpg

MONTIEN
MONTIEN 2

★★★★★★★☆☆☆

分かり易いタイトルが示す通りMONTIENの2ndミニアルバム。

プロデューサーにはDJ HAZIME、MURO、DJ WATARI等とモロにNITROを思わせるメンバーが参加しているが、その音はグループのそれとは全く異なり、どれもオリエンタルな雰囲気で統一されている。(その意味ではギターの音色が幻想的なWATARAIによる「G.A.H.」が一番成功している。)

TINAのエキゾチックな歌唱も魅力的だが、このユニットでのSUIKENとMACKA-CHINは普段よりも男前度が120%アップしていて単純に格好良い。

今作も6曲中2曲がインストという構成なのでボリューム不足感は否めないが、MACKA-CHINによる雰囲気満点のインストを含め、捨て曲が無く落ち着いて聴ける良盤に仕上がっている。

不満と言えばシークレットで収められている「Get Away」のREMIXが原曲と大差が無い為に必要性を感じない事と、コストパフォーマンスが悪い事か。

このあまりにもあんまりなジャケは好み。
スポンサーサイト

MONTIEN / MONTIEN

img50fc18f9zik9zj.jpg

MONTIEN
MONTIEN

★★★★★★☆☆☆☆

MACKA-CHINとSUIKENに、二トロ関連作品への参加も多かったTinaを加えた3人によるユニット“MONTIEN”のファーストミニアルバム。

DJ WATARAIの軽快なビートが格好良い「TIENS」も中々の出来だが、なんといってもさながらジャケ通りの民族風なトラックに、Tinaの魅惑的な妖しい声と2MCの活きの良いラップが堪能できる「虜ロール」の出来が素晴らしい。

しかし6曲中2曲がインストである事に加え、どの曲においてもTinaばかりが目立ってしまっている為HIPHOP好きにとっては聊か物足りないと言える。1890円という値段を考えればどうしても厳しい評価になってしまうが、悪い内容ではないので次作ではもっとラップパートを増やして欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。