スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MASH / 情熱のばか

img7c2c5319zik2zj.jpg

MASH
情熱のばか

★★★★★★☆☆☆☆

名古屋を中心に活動するHIPHOPバンド「ASIAN PIMPS」のリーダーでTOKONA-X、nobodyknows+等での客演でも知られるMASHのファーストソロアルバム。

ASIAN PIMPSの雑多なサウンドの中では彼の歌うかのような高音は魅力的だが、ソロで聴くには辛いんじゃないかと心配だったが予想を裏切るほどに耳障りのいいアルバムだ。

前半はかなりPOPよりながらもMASHの魅力が最大限に出た「風のメロディ」「21世紀少年」が白眉。中盤ではヤス一番?(nobodyknows+)を迎えたアコギ一本でのメローチューン「イエローヌバック」がアルバムの中でも突出して素晴らしい出来栄えになっている。

ただアルバム全体としては聴きやすさを優先したためか、同じようなゆったりとした曲調が多く飽きやすい。曲調のバリエーションが乏しく盛り上がりに欠けるのは残念。

それでも全曲に渡りラップというかほぼ歌ってるんじゃないかと思うMASHのフロウは心地よい上に、適度なPOPさも含んでいるため普段HIPHOPを聴かない人にこそ勧められそうなアルバムとなっている。近いうち大化けする可能性あり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。