スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韻シスト / FONKY&LOVE

imgdc8c5f81zik5zj.jpg

韻シスト
FONKY&LOVE

★★★★★★★★☆☆

メジャーを離れ自身のレーベル作成、メンバーの脱退~加入と紆余曲折を経て届けられた韻シストの2ndフルアルバム。

今まで以上に上品で洗練されたバンドサウンドの代償に、それまでの大阪臭いゆったりしたFUNK色が薄くなっているのは聊か勿体無い。それでも個人的にMCのサッコン及びバンドサウンドが好きなのでお勧めしたい1枚。

リードシングル「Hey you 」の垢抜けたサウンドも好みだが、no-booなるシンガーを迎えた「浮き草」が抜群に気持ち良い。RAPこそ少ないもののソウルフルな歌声と洒落たバンドサウンドが実に美味な1曲。

その後も彼等なりの反戦歌「Peace」、KN-SUN、 GEBO、 MONCHI & AFRA を迎えた煙たい「nocturn」、最後を締めくくるに相応しいJAZZYな「焔」はいずれも彼等の成長が伺える過去最高の出来だ。

以上の曲の出来が良すぎる為に他の曲はどうにも聴き劣ってしまうのが本当に惜しいが、LOOP JUNKTIONが解散した今、彼等こそが日本最強のHIPHOPバンドであることには異論はない。
スポンサーサイト

img293c6421zik1zj.jpg

韻シスト
Global スピーカー

★★★★★★★★★☆

ミニアルバムばかりのリリースでアルバムへの期待が溜まりに溜まっていた状態で出された韻シストの1stフルアルバム。そしてそんな高い期待やフラストレーションをあっさり解消してくれた個人的に大好物の1枚。

彼等の強みはなんといっても「青天白日」や「Slow Town」のような地元大阪のゆるい日常を基調としたRAPにJAZZ、HIPHOPなんかを噛み砕いた洒落たバンドサウンドにあると思う。しかも今作には要所要所で「HANDZ UP」「レッツ☆ダンス」「PARTY GOOD」等質の高いパーティチューンを挟み、アルバムを通して聞き飽きる事が無いようしっかり配慮されている所も好印象。

とにかく最高のHIPHOPバンドが聴きたきゃコレで間違い無い!と大声で言えるだけの傑作なので関西人としては感無量だったりする。

韻シスト / ROCK ON

img20fbbca0zik3zj.jpg

韻シスト
ROCK ON

★★★★★★★☆☆☆

メジャーデビュー後2枚目となるミニアルバム。その大阪ならではのゆるさが格好良かった彼等だが、このミニアルバムでは残念ながらそのゆるさばかりが目立ち、メリハリに欠ける内容になってしまっている。楽曲が悪いわけでは無いのだが、どの曲もインパクトが弱く、全体的にぼんやりした印象が強く物足りない。

ただ4曲目「Yeah stop!」の突出した出来に全てが救われる。お得意の日常を描いたリリック、切なさを誘うバンドサウンド。そのどれを取っても韻シストらしさが出た傑作となっており、後日発売されたフルアルバムに収録されなかったのが不思議な程。曲間でBASIが冗談っぽく言う「音楽を愛する全ての人達へ~」なんて言葉も決して大袈裟ではない。

5曲1835円でこの内容では割高感は否めないが、それを差し置いても「Yeah stop!」は素晴らしい!と声高に伝えたい。

韻シスト / Relax Oneself

imgcc38cc9czikezj.jpg

韻シスト
Relax Oneself

★★★★★★★★☆☆

通天閣と安っぽいジャケが目印のインディー時代2枚目となるミニアルバム。この時点ではまだFunky MIC加入前となるのだが、2MCの掛け合いは相変わらずの相性で、安定感は抜群。

楽曲では後に「レッツ☆ダンス」としてリメイクされた「Let's☆Dance」が圧倒的に格好良く、彼等の初期の名作として語られるだけのことはある。(オーサカ=モノレールの参加も最高)

「66」、「Word Art」に加えタイトル曲「Relax Oneself」では前作『one day』から目覚しく進化したジャジーなサウンドが見事に開花しており完成度も高い。また「アンタラハドウヤ? 」ではAFRA、GEBO、YOSAAN(RHYME SCIENTIST)という大阪繋がりを感じさせる面々の参加も嬉しいところ。

洗練されて綺麗にまとまっている最近の楽曲よりも、良い意味で垢抜けていないこの頃の方が断然バンド感に溢れており面白かったりする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。