スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIPPS / Midorinogohonyubi Music / One Foot

imgd6d70fbazikdzj.jpg

NIPPS
Midorinogohonyubi Music / One Foot

★★★★★★★★☆☆

ブッダ・ブランドで最もイカれたRAPをしていたNIPPSによる初ソロアルバム。ただこのアルバムにはNIPPS不在の曲やインストがあったり、朗読(?)があったりと、彼らしい奇天烈な内容なのでソロアルバムというよりもNIPPS主導のコンピレーションアルバムと受け取ったほうが無難だろう。

ゲストには盟友DEV LARGEを始め、BIGZAM、GORE-TEX、XBS等のニトロ勢も数曲参加だが、なんといってもKiller-Bongのアクの強い、NIPPSにも通じる煙たいラップがアルバムに華を添えている。特にトラック(4)「Freestyle」でのドロドロしたフリースタイルは彼にしか出来ない唯一無二のもので一聴の価値はある。

この作品自体はNIPPSのラップ同様アブストラクトな雰囲気が漂う為、各曲の説明は難しいが、どれも黒く暗い雰囲気を持っており単純に格好良い。そして、なによりもシングルで既出の「God Bird」の出来が本当に凄まじく、KB~DEV LARGE~NIPPS~XBS~GORE-TEXと繋ぐマイクリレーはまさしく神がかっていると言えるだろう。日本語HIPHOPに少しでも興味があるならこの曲だけでも聴いて欲しい。

ちなみに昨年末に発売されたDEV LARGEのアルバムにこの続編となる「GOD MOUTH(GOD BIRD pt2) 」が収録されているが、そちらはKB、NIPPSの不在に加え、多すぎる客演陣が響き、間延びした曲になってしまっており非常に残念だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。