スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EQUAL / KING & QUEEN

EQUAL

EQUAL
KING & QUEEN

★★★★★★★☆☆☆

EQUAL4枚目。

前作で見せたナチュラルで軽めのフロウに魅力を感じなかったので、今作で再び元の声質に戻ってくれたのは素直に嬉しい。

聞きどころはやはり、GEEKの手捌きでROCKスター然とした立ち振舞を見せる「Know Music, Know Life」や、F.O.Hとメローに絡む「Simple Man」、前作でのYA-KYIMに続きFoxxi misQを迎えて再びPOP寄りなアプローチをみせる「King & Queen」等だろうか。

78年生まれの実力者5人を集めた「Music Hustlin'」は流石に貫録の出来で、そのマイクリレーには興奮は禁じえないがサビ部分が聊か陳腐なのが勿体無い。

まさかの参加となったnobodyknows+との「Everybody Get Up」は、プリメラのトークボックスも冴える佳曲となっているが、彼等の参加ですら違和感を感じさせない無い程にパーティチューン満載のアルバムというのも逆に凄い。

ただその派手でゴージャスに突っ走る内容だけに大味過ぎる嫌いも当然あって、個人的にはヘビープレイとまでにはいかなかったし、ラストでSORASANZENと社会的なトピックに挑んだ「Warnin'」も付け焼刃的にしか感じられず説得力が薄くなっているのも残念。

それでもKREVA以外に「ラップスター」という言葉がしっくりくるのは意外にもこの人なんだなぁと思った1枚。
スポンサーサイト

EQUAL / 7DAYS

img0fd4746ezik2zj.jpg

EQUAL
7DAYS

★★★★★☆☆☆☆☆

EQUALの作曲力が格段に向上している事は驚きだが、今までの作品とは毛色が違い過ぎてその差に戸惑ってしまう。

その最大の要因はEQUALの声にある。力を抜いた軽い感じのフロウになってしまっている為に以前より格段に声が高くなっており、前作までの荒々しさが無く、格好良さが半減してしまっているのだ。

またR&Bアーティストとの絡みやパーティチューンが多く(特にYA-KYIMとの絡みは意外!)、前作までの名古屋勢、BALLERS関連が参加したハードな曲の激減も寂しい限り。その中でもBach Logicの手がけた2曲はやはりハズレが無く良い出来だが‥肝心なEQUALの声が高く今ひとつ場が締まらない。

正直曲単位での完成度は非常に高いが、如何せんハードな面が無くなってしまったEQUALに今までのような魅力を感じる事が出来ない。そこら辺を分かった上で聞けば十分よく出来たアルバムだと思う。今作は明確なコンセプトがあってこのような作風になったんだろうから、次作では従来の路線に戻ってくれる事を願いたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。