スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童子-T Feat.beni / もう一度

童子-T Feat.beni
童子-T Feat.beni
もう一度


やっちゃったなぁ童子-T。
前作「ONE MIC」がかなりPOP寄りな作品だったし、郷ひろみとの合体なんて嘘みたいな話もあった訳だけど、本作で確実に向こう側へ行ってしまった。

ドラマ「ロングバケーション」の楽曲をサンプリングした本作は確かに良い曲だと思うけど、青山テルマの「そばにいるね」を聴いた時に多くの人が感じたであろう、「これ SoulJa いらないんじゃ…」と全く同じ事を思ってしまった。

これ童子-T いらないんじゃない?と。

素敵なメロディーに切なくも盛り上がる亜良城 紅が歌うフック。何度聴いてもやっぱりそれだけの印象しか残らない。SoulJaしかり、HOME MADE家族のKUROしかり、ぼそぼそ語る系統のラップがこれ以上増えて欲しくないなぁ、と強く願う。


正直 KREVA みたいに華があるキャラでもないんだから、もっと地味なビートにしないと駄目だよ。童子兄さん。
スポンサーサイト

童子-T / ONE MIC

436.jpg

童子-T
ONE MIC

★★★★★☆☆☆☆☆

「Don't Stop」「悲しみにさよなら」「ONE LOVE」という過去と決別したかのような鮮やかな3連作シングルで見せた、あまりに垢ぬけた作品たちは正直言って童子-Tに相応しい作風だとは思えなかった。

その為アルバムでは一味違うアプローチを期待したが、そんな先行シングルのノリを前編で貫いた、所謂パーティーチューンが大半を占めるポップ寄りな作品に仕上がっている。

歳をとって家族が出来れば考え方も変わるだろうし、いつまでも年甲斐なくギャングスタだハーコーだと言ってられないのは確かだろう。その意味で童子-Tのこの大幅な路線変更はとても自然な流れだと思うし、個人的にはポップな楽曲も全然守備範囲である。

ただ、先行シングルでも明らかだったように童子-Tに派手なパーティーチューンが合うかといえば答えは否だ。

童子-Tは低音で渋めのラップが持ち味なのに、それが全く活かされていない。派手な音にラップが完全に食われてしまっていて、どの曲でもボーカルや客演者のラップばかりが印象に残るという始末。VERBAL、LITTLE、KOHEI JAPANなんかの溌剌としたマイクリレーを聴いているとやはり「餅は餅屋」に…と思ってしまう。

音はもっとシンプルなもので、しっかりラップを際立たす様にして欲しい。キャッチーさだけでお茶を濁す(と思われても仕方のない)様な真似をしなくても、ラップだけで勝負出来る実力はあるんだから。それこそ本当の意味でのONE MICを期待したい。


追記:
楽曲では若手をフックアップした「SAGAMI feat.TIPTOP!,KEY-CREW」が一番面白かった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。