スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOHEI JAPAN / Funky 4 U

img6ef1a44ezik5zj.jpg

KOHEI JAPAN
Funky 4 U

★★★★★★☆☆☆☆

ソロデビュー作『The Adventured Of Kohei Japan』から約2年半ぶりのセカンドアルバム 。その間に童子-T主導のコンピレーションアルバム『Change The Game』に参加し”もしも息子が出来たなら...”という名曲を残しているだけに俄然期待が高まる1枚。

実兄Mummy-DとDJ WATARAIという強力な布陣で挑んだタイトル曲の「Funky 4 U」、同じFGクルーからLittleを招き、1人のラッパーの生まれてから死ぬまでを歌う「ラストヴァース」(切ない歌詞も最高!)、と期待していたこの2曲は想像通りの良曲で文句なし。

しかしながら今作は前作にも増して下ネタ(童貞ネタ多し)満開の曲が多く、アルバムとしてはどうにも焦点が定まらない印象が強い。もう少しKOHEI JAPANならでは暖かい曲も聴かせて欲しかったと思う。

ちなみにコーヘイはここに収められてる「トゥギャザーフォエヴァー」をMummy-Dの結婚式で歌ったとか。仲良いよね。
スポンサーサイト

KOHEI JAPAN / The Adventures of KOHEI JAPAN

img9ba68d20zikdzj.jpg

KOHEI JAPAN
The Adventures of KOHEI JAPAN

★★★★★★★☆☆☆

MUMMY-Dの弟としても知られており、現在はMELLOW YELLOWの一員としても活動しているKOHEI JAPANの1stアルバム。

兄ゆずりなのか坂間家の血筋なのか、かなり普段の会話に近い自然体な鼻声RAPなので何を言っているか聴きやすく彼を身近に感じる事が出来る。ギャングスタRAPも勿論好きだが、友達感覚で聞けるのはこの人の特権だろう。

リリックの内容も真面目なものから、しょうもない下ネタ的なものまであるのだが、「デカメロン伝説」、「夜の狩人」辺りはタイトルから安易に想像できる通りの曲。FGならではのノリとも言えるが、この辺の曲が受け入れられるかどうかで好き嫌いが別れるかもしれない。

ただそんな中でも「GO TO WORK」の真摯なメッセージは誰が聞いても共感できるであろう名曲なので是非聴いてもらいたい。ジャケも好みな1枚。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。