スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KM-MARKIT / VIVID

img8bcc67b0zik4zj.jpg

KM-MARKIT
VIVID

★★★★★★★☆☆☆

正直UBGの男臭さは苦手なんだが、このKM-MARKITのアルバムは良く聞いた。

UBGというと硬派なイメージが強いが、このKM-MARKITは英語と日本語のバイリンガルスタイルに加え甘ったるい声。ナルシト全快の女性向けジャケ等同クルーには無い軟派な要素を多分に持ち合わせている。アルバム発売前には倖田來未とお互いの曲に参加するなど、一般人にも強くアピールし、万全な体制で発売された本作。

要所要所でハードな曲をいれつつも、その間には加藤ミリヤ、倖田來未といった女性ボーカルものや、「未来への鍵」「Memory Lane」というHIPHOPファンなら思わず反応してしまう曲を持ってきていることで飽きない作りになっている。

UBG勢との絡みは2曲のみだが共にゴリ押しなトラックとRAPが同クルーらしい良曲。D-Originu、SUBZERO等のトラックも押し並べて質が高くKM-MARKITとの愛称も抜群で、デビューアルバムとしては十分過ぎる出来だろう。全体的にUBGらしさが薄く聞きやすい構成にも好感が持てる。

ただこのジャケット、「有りか無しか」で言うと「無し」だろ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。