スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUE ZERO / 3分クッキング

img113410e1zikezj.jpg

CUE ZERO
3分クッキング

★★★★☆☆☆☆☆☆

盟友KREVAと『By Phar The Dopest』を10年ぶりに復活させたCUE ZEROの、ソロとしては(インディーズから数えて)3枚目のアルバム。前作「CUEZERO THE WORLD 秋の祭典」は彼らしさが良く出た好印象のアルバムだったが、今回の内容は音もラップも地味で不満が残る。

ゲストには身内のFUNKY GRAMMAR UNITからMUMMY-DとK.I.Nが参加。更に相方KREVAがプロデュースにRAPにと(顔パスブラザーズ含め)5曲にも参加しているのだがKREVAとCUE ZEROでは、どうしてもKREVAのラップに耳がいってしまい、CUE ZEROの小物感が強調されてしまう。

また、今作は全ての曲が3分台となっているのだが、3分台では長くも短くもないので結局普通のアルバムと変わらない内容になってしまっていて、どうにもコンセプト負けしてる感はある。なんだかんだ言ったけど最後の「ウォウォ」は好きなので気持ち良く終われる事が救いか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。