スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kirk Franklin / The Rebirth of Kirk Franklin

Kirk Franklin
Kirk Franklin
The Rebirth of Kirk Franklin


たまらんなぁ、この高揚感。

宗教がかってるとはいえ、ゴスペルを聴くと他の音楽にない言葉の厚みや、その神々しさに圧倒される。現地のおばちゃんなんかは歌ってる最中に普通に失神したりするらしいけど、それも納得できるほどの高揚感がこの CD からでも伝わってくる。

これだけ自己陶酔出来たらさぞや気持ち良い事でしょう。
Kirk Franklin は無神論者でもかなり聴きやすいのでゴスペル初心者なんかにもお勧めです。
スポンサーサイト

JAY-Z / MTV UNPLUGGED

109667.jpg

JAY-Z
MTV UNPLUGGED



久しぶりに洋楽を聴いて胸が熱くなった。
スタジオレコーディング作品よりも断然良く、こんなに聴き逃していたのを悔んだアルバムも珍しい。

電子音を使わないTHE ROOTSのバンドサウンド、ソウルフルなラップにノリの良い観客と全てが暖かい空気に満ちていてなんとも素敵!名盤「BLUE PRINT」ではあまりピンとこなかった「izzo(h.o.v.a) 」も生音だとめちゃめちゃ気持ち良い。

客演では Mary J. Blige や Pharrell なんてビッグネームも参加してるが、そんな大物達が霞むほどに「Heart Of City」で鬼のようなシャウトを魅せる Jaguar Wright が素晴らし過ぎた。ある意味で主役をも喰った瞬間だったのではないだろうか。

MTV UNPLUGEDシリーズは名盤が多いので、他のラッパーもどんどんリリースして欲しいものです。NAS とかこの雰囲気にハマりそうなんだけどな。

Mario Winans / Hurt No More

8321.jpg

Mario Winans
Hurt No More


人気絶頂だったビギーが殺されたり、MASEが牧師になる為に去ったり、ShyneとPUFFYが発砲事件で揉めたり(結局Shyneだけが実刑)、Black Robは刑務所を出たり入ったり(現在もお勤め中)、若手が思いのほか成長しなかったり(G-DEPやLOONね)、PUFFYがJennifer Lopezに振られたり(どうでもいい)、PUFFYが中途半端なP.diddyという名前に改名したり。(もっとどうでもいい)

ざっと挙げただけでもここ数年程BADBOY関連であまり良いニュースを聞かなかった。

まだR&B部門で言えばFaith EvansやCarl Thomas、112等実力派が安定した作品を聴かせてくれたが、HIPHOP部門においては90年代中頃と比較するまでも無く、ほぼ壊滅状態だったと言えるのではないだろうか。

そんな中において孤軍奮闘していたのがこのMario Winansだったと思う。
BADBOYの裏方として、HIPHOP関連作品にも頻繁に顔を出してはその美声とメロディメイカーとしての素質を発揮していた。

そして待ちに待った、この9年ぶりとなる2ndアルバムは序盤の展開が実に美しい1枚となった。

胸キュンな美メロがいきなり炸裂するM-1。Madonnaの"Papa Don't preach"使いのM-2。Enyaの"Boadicea"モロ使いで話題になったM-3。特にM-3はMarioの繊細なナヨ声がよく活かされている佳曲ではないだろうか。

以上の3曲を含め序盤の展開はかなりお勧めですが、中盤~後半にかけての決め手に欠ける内容は冗長でしかなく、序盤の興奮を返してくれと言いたくなる。

モータウンからリリースされている1stアルバムが、かなり完成度の高い1枚だっただけに聴く前にハードルを上げすぎたのが原因なのだろうか。バックミュージックとして聞けば悪くないのですが…なんとも不完全燃焼だ。

Akinyele / Put It In Your Mouth

Akinyele

Akinyele
Put It In Your Mouth



セクハラキングAkinyele の5曲入りE.P。

India Arieの「VIDEO」と同じくBRICKの「FUN」を使った表題曲「PUT IN YOUR MOUTH」は彼の代表曲の一つ。Akinyele自身が相当なダミ声なので、この曲の様に女の子と絡む事でかなり聴き易くなる。

とはいえ、女の子に「Put in my mouth, mother f**king mouth」(口に入れて~)と歌わせて、Akinyele自身がバックで卑猥な言葉を吐きまくるという、露骨にオーラルセックスを唄ったこの曲は日本語だったらドン引き間違い無しだろう。

日本とアメリカの文化の違いなのか。

それでも、このE.Pはどれもメロウ寄りな楽曲で良い感じだ。
Akinyele最高傑作では?

PANJABI MC / The Album

063.jpg

PANJABI MC
The Album


インド、パキスタンの音楽であるバングラをヒップホップのビートで再構築させたバングラ・ビートがめちゃめちゃ格好良い。

JAY-ZやTWISTAを迎えたヴァージョンも大ヒットした「Mundian To Bach Ke 」が一番有名だが、それ以上に伝統歌謡を取り入れた「Jogi」のビートが最強。

基本的に英語じゃないので言葉の意味は分からないものの、異国情緒たっぷりのこの盤は聴いてるだけでも楽しい。

三味線なんかに近い音もあったが、日本のラッパーも和楽器×ブレイクビーツで1枚アルバム作らないかな。凄く面白そうなのに。


JogiはPVも素敵です。↓
http://www.youtube.com/watch?v=-iqScVh5jRA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。