スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓鬼レンジャー / GO 4 BROKE

imgbe238b6bzik1zj.jpg

餓鬼レンジャー
GO 4 BROKE

★★★★★★★★☆☆

ポチョムキンの頭の上に乗ってるTバックが象徴(?)するかのように、前作で失った”エロと勢い”という餓鬼レンジャーならではのアイデンティティーを取り戻した4枚目。

前作で大く見られた外部プロデューサーも激減し、今作では殆どがGPとHigh Switchによる従来路線に戻ったのは大きい。また、「ラップおじいちゃん 」や「クチコミ6000000000」といった1st、2nd からの続編ものの復活も前作で失望したファンにとっては素直に嬉しい原点回帰となった。

そんな中でEVISBEATS手掛ける変則的な2曲だけは異様な存在感があり、良くも悪くも好き嫌いが別れるかもしれないが試みとしては面白い。(KREVAの存在感が薄かったのだけは残念!)

ただ、「WET PUXXY」と卑猥に連呼される「國山國蔵」だけはちょっとやり過ぎ感もあり、その前のエロスキットとセットで実家や人前では間違っても聞けないという具合なので再生の際には注意して貰いたい。

それ以外の楽曲に関しては質が高い上に疾走感もあり純粋に格好良いので、餓鬼レン好きなら安心して買える1枚だろう。ただ1stのポチョムキンに衝撃を受けた身としては贅沢ながらも、彼にもうひとつ上の高みを期待してしまう。
スポンサーサイト

餓鬼レンジャー / ラッキー・ボーイズ

img348ebc58zik6zj.jpg

餓鬼レンジャー
ラッキー・ボーイズ

★★★★★☆☆☆☆☆

前2作が内容、ボリューム両面において濃厚過ぎたこともあるのだが、今作は異常な程にあっさりしてしまっている。今までの作品よりも聴きやすい事は確かだが確実に物足りない。

まず楽曲が爽やか過ぎるのがひとつの原因だろう。外部プロデューサーの起用は本来ならば喜ばしい事であるが、必要以上に聴きやすいトラックを優先したのか彼等の持ち味が全く引き出されていない。やはり今まで通り、H.G.S.P.の二人に任せておけば‥というのが素直な気持ち。

そしてDJ High Switchが今作より本格的にMCとして楽曲に参加している事も大きなマイナスと言わざるをえない。別にDJがラップをする事に文句を言う訳ではないが、単純にポチョムキン、YOSHIと比べ明らかなスキルの差があるので聞いていて辛くなってしまう。

その上大好きだったポチョムキンに今までの勢いや輝きが無く、曲数も前2作に比べ10曲程少ない(今までが多過ぎた?)とファンとしては思わず愚痴りたくなってしまう。期待が高すぎた故の低評価となってしまったが、今作でのポチョムキンの元気の無さは本当に心配。

餓鬼レンジャー / DA-PONG

imgf4f158b9zikezj.jpg

餓鬼レンジャー
DA-PONG

★★★★★★★★★★

前作が日本語HIPHOPシーンに多大な影響を与えた餓鬼レンジャーの2作目。正直あんまり2枚目には期待してなかったのだがこれが良い。全24曲76分を超える圧倒的な傑作。

G.PとDJ HIGH SWITCHによる和と中華を混ぜたようなトラックにも厚みが出て安定してきたし、前作ではポチョムキンの陰に隠れてあまり目立たなかったMCのYOSHIも格段にスキルアップしていて聴き所は多い。

しかしなんといっても殆どの曲で強烈なパンチラインを残しているMCのポチョムキンが凄すぎる。兎に角癖になる。聞いてるだけで耳に残るライミングをするラッパーはこのポチョムキンが日本でも1番ではないだろうか。リリックに関してもお得意のエロ系に加えギャンブルにお金と、勢いのままに書いたようなリリックが面白い。熊本出身だけあって決してあっさりはしていないので好き嫌いは別れると思うが、気に入れば間違いなくハマれる1枚。

ちなみに餓鬼レンジャーはその持ち前のエロさで、某AV会社と手を組んでアダルトビデオも出しているので興味があればどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。