スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OZROSAURUS / Hysterical

img432b2c48zik2zj.jpg

OZROSAURUS
Hysterical

★★★★★★★☆☆☆

「ポニキャじゃ窮屈」、「言葉の羽もぐメジャーよりインディーズ」と曲中でも歌われているようにメジャーを見限り、自身初となるインディーからのリリースとなった4枚目。

その結果、万人受けした前作とは雰囲気が全く異なる上に、今までに無く過激な表現が多い事も手伝ってかなりリスナーを限定してしまう作品に仕上がってはいるが、今作が日本語ラップの新しい境地に踏み込んだ意欲作である事も確かだろう。

中でも序盤の「0%」、「星を願う」、「1 for DA 何?」という攻撃的でロックテイストの強い楽曲に、裏声混じりで変則的なフロウをみせるMACCHOが最高に刺激的。このブッ飛んだ序盤の為にアルバムを購入しても損は無いのではないか、と思わせる程に出来が良いものの、逆に言えば序盤に良曲が固まリ過ぎていて、それ以降がだれてしまっている。

終盤には美しいピアノのメロに、名曲「HEY GIRL」を思わせるリリックが印象的な「J.O.K.E」が白眉の出来で再び引き寄せられるが、それまでの展開が単調で面白くない。客演MC無しという事もあり、早々にお腹いっぱいになってしまい、中盤辺りで胃がもたれる事必至。(何故かfeat.表記はされていないが、ひっそりとHI-Dの参加はあり)

特に同名映画の登場人物の視点になってラップされる「メメント」は違和感を感じてしまう程今回の作風には不似合いだろう。

INTRO以外スキットは無しで、全18曲収録というヴォリュームは嬉しいが、もっと選曲を絞って12~3曲にするか、もしくはミニアルバムとして発売すれば印象は格段に良くなっていたと思うだけに残念だ。
スポンサーサイト

OZROSAURUS / Rhyme&Blues

img4f25ae6ezikdzj.jpg

OZROSAURUS
Rhyme&Blues 

★★★★★★★★★☆

なにかの雑誌でMACCHOは他のラッパーとは言葉の重みが違う、みたいな事が書いてあるのをみた事があるが正にその通りだと思う。

オジロ3枚目(2枚目から片割れであるDJ TOMOが不参加)の今作は今までに無い傑作だ。

PMXの手掛けるサウンドは相変わらず素晴らしいし、MACCHOとの愛称も当然ながら抜群である。不満があるとすれば、PMXのTotal Produceと謡っていながらもPMX以外のProducerが参加していることで、intro後の(2)曲目と(3)曲目がDJ SN-ZとKNOCK製作の曲になるのだが、この2曲が前作の流れを汲む電子音を多用したトラックで明らかに浮いてしまっている。

(4)からラストまで(全部ではないが‥)レイドバックしたウェッサイサウンドが展開される為、前途した2曲が無ければより纏まりのあるアルバムになっていただろう。

OZROSAURUS / On And On

imgb164b001zik5zj.jpg

OZROSAURUS
On And On


交通事故でMACCHOが死にかけた後にリリースされたマキシ。それが関係してか今までに無い程ポジティブなリリックが印象的なこの曲。

オジロの傑作アルバム「Rhyme&Blues」に収録されていた「On And On (DJ Sn-z Remix)」は疾走感があり確かに良かったものの、SUBZERO制作のこのオリジナル版はリリックに寄り添うかのようにメロウで落ち着いており、アルバムのそれより断然素敵です。

カップリングの2曲はMACCHO以上に歌とラップで秋田犬どぶ六が目立ちまくる「Chain Remains」とF.U.T.Oを迎えたROMERO SP名義の「Material Jungle」。共にROMERO SPが暗めな楽曲を手掛けている為、どちらかと言うとオジロ2枚目のアルバムと地続きな印象か。

なんにしても「On And On」が本当に素晴らしい出来なので、オジロ好きでアルバムしか聴いていなかった方は是非一度聴いてみて下さい。

OZROSAURUS / JUICE

img0af2cbf5zik2zj.jpg

OZROSAURUS
JUICE

★★★★★★☆☆☆☆

2PACが出演していた映画「JUICE」をまんまパロッたジャケットが印象的な2ndアルバム。1枚目の「ROLLIN' 045」は横浜という土地柄を熱く密封した傑作ではあったけれど、彼のラップがまだまだ発展途上であった事はこの作品を聴いて貰えば分かる筈だ。

今作は前作の功労者で、相方でもあるDJ TOMOが不参加の為(当時のインタビューでは“相撲でいう休場のようなもの”と答えていた)横浜やローライダーテイストが限りなく薄れ、代わりにKNOCKやLUCHA、SUBZEROといった当時無名だった製作陣がラップに焦点をあてた実験的な楽曲を提供している。

期待していたMR.BEATS製作の「Keep Rollin'」が不発だったり、全体的な音が暗めで馴染みにづらいという難点はあるものの、PMXプロデュースで大ヒットした「Hey Girl」と、女性ヴォーカルを大々的に迎えた「#1 Candidate」がそれまでの喉の渇きを潤してくれる快作に仕上がっているのは嬉しいところ。この2曲は一般&女性受けも抜群のラブチューンなので、この辺りから聴くと、とっつき易いだろう。

また一万円札の視点になってリリックを綴っている「いちまんえん」と、変てこなビートに前作では見られなかった倍速ラップが斬新な「BASE TO BASE」では新境地も開拓しており、興味深い作品である事には間違いない。

前作とは全く異なる作風に仕上がっている為、1枚目が好きで今作を手に取った方は少なからず肩透かしを食らう事になるだろう。それでも個人的には前作よりもぐっと魅力的になったMACCHOのラップが楽しめる本作が結構好きだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。