スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSC / 宿ノ斜塔

img6d370970zik5zj.jpg

MSC
宿ノ斜塔

★★★★★★★★☆☆

確実にアンダーグラウンドシーンのトップに君臨しているであろう、新宿拡声器集団ことMSCのミニアルバム。1曲目の「宿ノ斜塔」では頭から“少佐”なるMCの激しく暗い警察批判のRAPで始まり、その後も暗雲立ち込めるジャケ写通りのマイクリレーが続く。

今回も終始この暗さでいくのかと思いきや、3曲目の志人、心、ナノルナモナイを迎えた「あれよという間に」は楽曲、RAPの良さに加えHOOKの半端ない格好良さが本当に素晴らしい1曲。MSCならではの暗さは控えめになっているのでこの曲のみ一般人受けもあり得るかもしれない。

この曲以降はまたドス黒い曲に以降していくのだが、漢以外のMCのキャラ立ちも明確となり前作以上に完成度は高い。

正直かなり好き嫌いに分かれる彼等のスタイルは普通の一般人なら間違いなく聴くのも嫌がるであろう程に濃ゆい暗さと攻撃性、イチゲンさんを近づけない雰囲気を備えている。それでも前途した「あれよという間に」は今年聞いた曲の中でも上位3位には入るであろう程の完成度なので、この1曲だけでも聞いて頂きたい。
スポンサーサイト

MSC / Matador

img3b501eaezik1zj.jpg

MSC
Matador

★★★★★★★★☆☆

MS CRU改めMSC待望のファーストアルバム。とにかく全曲暗く重いので確実に一般受けはしないであろうし、HIPHOP好きの方であってもこの世界観を受け入れるのは容易ではないだろう。ただハマれば抜け出せない程の強烈な魅力を兼ね備えているのも確かで、アンダーグラウンドシーンを語る上で外す事が出来ない程に不穏な空気を詰め込んだ傑作に仕上がっている。

美しいメロから始まる「無言の蓄積」でもRAPが始まった途端に殺伐とした独特の空気を帯び出し、最後で畳み掛けるように迫ってくるビートと漢の無呼吸RAPには身震いしてしまう程の迫力がある。

この「無言の蓄積」と志人を迎えた「ALERGY」が個人的に好みだったが、「つまらんギャグラップに拍手喝采」、「お言葉に甘えお耳を拝借」等と漢がDABOを痛烈にディスった「FREAKY 風紀委員」もアルバムのハイライトの一つで、有無を言わせない漢の攻撃的なRAPは必聴ものだ。(DABOは自身のアルバム曲「おそうしき」と、キエるマキュウに客演した「4 BIG SHIT」で漢に仕返している)

全曲クオリティーは高いので興味があれば手を出してみて欲しい。一度聴いて嫌になるかもしれないが、この熱量は半端じゃない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。