スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIMAL / 眠る男

眠る男
PRIMAL
眠る男

★★★★★★★★☆☆

MSCの一員であるPRIMALのソロ・アルバム。

DLプロデュースで話題になった出だしの2曲と、メシアを迎えた「東京Discovery2」のクオリティーの高さには素直に驚き。

その他は比較的ダークなMSCらしい曲が並んでいるものの、中盤からがらっと雰囲気が変わりリラックスしたフロウと楽曲でじっくり聴かせる展開へシフトしていくのだが、意外にもこれが良い。

中でもPRIMALの変則的なフロウと生バンドが見事に絡みあう「田園都市 -WATASHI REMIX-」が白眉の出来で、間違いなく彼の新境地といえる成果をあげているだろう。この路線に突っ走ったアルバムを是非とも聞いてみたいものだ。

しかし、ラストに収められたMSC名義の「戒壊 」が大問題。

それまでの綺麗な流れを壊すかのような激しいロックテイストの楽曲と、それを全く乗りこなせていないMC陣のグダグダ振りには興醒めも良いところ。

他が素晴らしかっただけに最後の駄作だけが本当に悔やまれる、実に勿体ないアルバムとなった。
スポンサーサイト

SMELLS GOOD / SMELLS GOOD

smells good
SMELLS GOOD
SMELLS GOOD

ハーレム周辺コンピや名古屋関連作品、そしてRyu-bとのHIPHOPユニット「HB」でラッパーとして名を馳せたH.O.Z.Eがボーカルを務めるSOULグループ。

H.O.Z.EはHB時代にも伸びやかで艶のある歌声を披露していたわけだけど、今作ではラッパーではなく完全にソウルシンガーに徹している。

グループ名の通り香り高い音楽は、巷に溢れるソウルを自称する音楽とは明らかに違う本物の匂いが充満していてなんとも心地よい。あんまりにもマイナーなグループだけど、どの曲も完成度が高いので、ソウルミュージック好きには激お勧めです。

追記
H.O.Z.Eが元『HOME MADE 家族』のメンバーであることは有名だが、このバンドのギターはそのMCであるKUROの実弟というから驚き。そんな繋がりもあってKUROも一曲に参加し、華を添えている。

Emi Maria / Between The Music

Emi Maria Between The Music
Emi Maria
Between The Music


月並みな感想だけど、声が透き通っていて歌もうまい。

関西出身だと聞いていたので純粋な日本人かと思っていたが、パプアニューギニアと日本のハーフだと聞いて納得。あのいかにも歌えそうな風貌(特に厚みのある唇なんか…)や声の伸び具合はやはり日本人離れしるもんな。

バラード中心のミニアルバムではあるが、中でも恋人と別れてからの1週間を唄う「Missin'」が白眉の出来。

しかし、個人的にお勧めしたいのがボーナストラックの「which」。何故かジャケットにはクレジットされていないが、この曲には WOLF PACK が参加しておりパーティスタイルでアゲまくる展開がなんとも面白い。

JAMOSA も JAY'D もメジャーではバラードばかりという不満を是非とも彼女に解消して貰いたいものだ。

般若 / ドクタートーキョー

般若 ドクタートーキョー
般若
ドクタートーキョー

★★★★★★★★★☆

般若4枚目のアルバム。

いかに実力のあるアーティストであっても、ゲストラッパーを招かないと単調に感じる瞬間が必ずあるものだが、この作品には不思議とそれが無い。むしろ無粋な連中が一切参加していない事に感謝したい程、般若がラッパーとしてひとつの高みに達した傑作ではないだろうか。

楽曲に関しては I-DeA、BACHLOGIC、EVISBEATS といったシーンを代表する面々が1曲づつながらも要所を抑えた仕事をしているのが印象深いところではあるが、長渕 剛プロデュースの「チャレンジャー」だけはいかがなものだろうか。

あまりにも氏のイメージが強すぎて、この曲だけはどうしても受け入れる事ができなかった。

それでも、日本語ヒップホップを憂い、吐き出される言葉達は前作にも増して重みと説得力があり、スキル云々ではなくラッパーとしての魅力がストレートに伝わる作風に仕上がっている。


追記
ジャケがダサい。

INO hidefumi / Satisfaction

INO hidefumi  Satisfaction
INO hidefumi
Satisfaction


フェンダーローズの音が美しい「Spartacus」に魅了された。

原曲(Yusef Lateef の Love Theme From Spartacus)にあったジャズっぽさは希薄だが、現代っぽい洒落たアレンジが良い。肝心のアルバムは、全曲良いとは言い難いが雰囲気の良さだけは満点でしょう。

お洒落なティータイムを軽やかに演出してくれる1枚。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。